住宅ローンの借り換えがなぜ行われるようになったのか?

住宅ローンといえば、一度契約をしたら最後まで支払うのが一般的でした。
しかし、昔に比べて景気が不安定であるため、年齢で収入が上がるということが殆どなくなってしまいました。
そのため、最初組んだ住宅ローン返済プランからは大きく予定が外れてしまい、返済が滞りそうになる人もいます。
そんな人がどうにか現状を打破するために、住宅ローンの借り換えを行うのです。
住宅ローンをお得な金利で借り換えるための比較サイト【モゲプロ】というのもあります。
しかし、ただ住宅ローンの借り換えを行っても、返済が楽になるとは限りません。
住宅ローンの借り換えを行うことで、どのようなメリットとデメリットが起こるのか、しっかりと調べておきましょう。
メリットその1「返済額の減額」
住宅ローンの金利が2%のものから0.88%のものに借り換えた場合、毎月1万円以上の削減になります。
1%変わるだけでも、住宅ローンの総額が変わりますから、少しでも安い住宅ローンに借り換えることはメリットになります。
メリットその2「金利の変更」
住宅ローンには固定金利と変動金利があります。
これが厄介なもので、固定金利が高いから変動金利にしていたのに、金利が思ったよりも上昇してしまっている場合や、固定金利で契約したら、変動金利の方が安くなっていたりと、最初の金利選択を間違ってしまった場合、借り換えによって金利を変更することができるのです。
では、次はデメリットを紹介しましょう。
デメリットその1「諸経費が再びかかる」
住宅ローンを契約すると、事務手数料や保証料、登記費用などの経費がかかります。
これは契約によってどこまで再び支払う必要があるか分かれるのですが、事務手数料や登記費用は全額支払う必要がありますから、諸経費がどの程度必要かしっかり計算する必要があります。
デメリットその2「金利タイプの変更によるリスク」
先ほどメリットで金利の変更ができると紹介しましたが、固定金利にも変動金利にもそれぞれメリットがあります。
まず、固定金利は返済計画にぶれが生じませんが、金利が高い。
変動金利は安い時はとても安いけれど、金利上昇によって固定金利以上に高くなるケースがあり、将来的な返済計画にぶれが生じやすい。
そのため目先の利益に誘惑されて金利を変えてしまうと、後々後悔することがないとは言い切れないのです。
このように、住宅ローンの借り換えには多くのメリット・デメリットがありますので、もしも借り換えを検討している場合は、まずローンシュミレーション、その後金融機関の窓口へ出かけましょう。

この投稿は2017年7月26日に公開されました。

住宅ローン控除を受ける際の必要書類

結婚や出産といったライフイベントを機に、新たに自宅の購入を行うことがあります。
その際住宅ローンを利用して購入する人も多いですが、その際借入金の額によっては税制上の優遇措置を受けることができます。
それが住宅ローン控除です。
これは特定の条件をみたした新築及び中古住宅を住宅ローンを利用して購入した場合、年末の借入残高の1%を税額控除として受けることができます。
また長期優良住宅などの場合、更に控除額が大きくなります。
このように大きなメリットがありますが、この制度を利用するためには確定申告を行い、必要書類を提出する必要があります。
まず挙げられるのが住民票です。
控除を受けるためには適用を受ける年の12月31日までに住民票を移し、実際に生活を行う必要が有るためです。
次に挙げられるのが登記簿謄本や購入時の契約書の写し、年末残高証明書です。
控除を受けるためには購入後6ヶ月以内に生活を始める必要があるため、購入時期などを特定するために登記簿謄本が必要となります。
また年末の借入残高や購入時の価格によって控除額が決まるため、それらを確認する書面も必要書類となります。
その他にも必要な書類がありますが、基本的には一度確定申告を行い必要書類を提出することで、2年目以降は確定申告ではなく年末調整で控除を受けることが可能となります。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

無担保の住宅ローンのメリット

住宅ローンを組むときには無担保で良いという場合も少なくありません。
担保を出さなくて良いというのは、やはり利用するためのハードルが下がりますから、多くの人にとって嬉しいものです。
無担保の住宅ローンを利用する最大のメリットとは何か?というと、実際に利用が開始できるまでにかかる時間が少ないということです。
担保として何を出すか?にもよりますが、担保が必要な住宅ローンの場合、担保の評価をする期間が必要なので、すぐに融資が始まるとは限りません。
一定期間の時間がかかります。
だから、早くお金を貸してほしいという場合には無担保の方が優れています。
担保が必要な場合とそうじゃない場合では数週間くらい差が出ることもあります。
ただ、無担保の住宅ローンでも審査はあるので、その分の時間はどうしてもかかってしまいます。
勤続年数や年収などのいろいろな細かい項目を見ながら、審査に通過できるか?が決まるので、多少は待たないといけませんけど、担保があると、その分さらに審査に時間がかかるので、それがないだけでも相当迅速な対応になります。無担保の住宅ローンは良いことばかりではないものの、利用する人にとっては時間がかからない、早く利用を始められるという大きなメリットが存在することは知っておきましょう。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

住宅ローンが残っている間は火災保険に

住宅ローンを完済するまで火災保険が必須、ということがあります。
これはそうした契約で借りていることがあるからです。
あくまで個人的な条件の差異ではありますが、基本的には火災保険はよいことでしょう。
日本に限ったことではないですが、火災に関するリスクは意外と高いです。
気をつけていれば自分が失火する可能性は限りなく低くできますが、貰い火もあります。
この場合、相手は賠償責任がありませんから、実は物凄く住宅ローンに関するリスクとして大きい行為であるといえます。
火災保険があれば自分のところは、少なくとも補償してもらうことができますから、これはまさに必須の保険であるといえます。
住宅ローンが残っているのであれば燃えてもその返済は続ける必要があります。
天災などもそうですから、住宅に関する保険と言うのは、極めて重要であるといえます。
確かに結構な金額を保険料として支払うことになりますが、それでもまったくすべてを失ってしまうリスクよりは遥かにマシです。
ちなみに返済が終わればその義務がなくなることになりますから、そのまま加入しておいたほうがよいことが多いです。
いざと言う時に備えるのにはやはり、保険が最高であるといえます。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

不動産査定における相場価値上昇を見越して

お金を稼ぐ方法は雇用されて給与を貰うのみならず、個人でも稼げるチャンスは多くあると言えます。
例えば不動産投資などにおいては仕組みさえできてしまえば、手間の少ない稼ぎ方ができる場合もあるでしょう。
アパート、マンション、一戸建てを購入してそれを賃貸として利用する事で、家賃収入などを得る事も可能です。
土地の相場価値上昇を考慮すれば、購入時よりも価値が上がった時点で売却して利益を得る方法などもあり、良い稼ぎ方の一つと言えるかもしれません。
物件購入に関しては不動産査定をしっかりと行い、将来的な相場価値上昇を見越した購入が必要でしょう。
相場価値上昇においては売却のみならず、家賃を上げて収入を増加させる事も可能になるためどちらにしても不動産査定はしっかり行う必要があると言えます。
不動産査定を行う際には人口増加率などを加味すればある程度の予測がたつかもしれませんが、素人判断では危険な場合もあるでしょう。
その際に利用を検討した方が良いのがコンサルティング業者の活用と言え、様々なノウハウや実績を持っている業者に相談する事で失敗の少ない不動産投資を実現できる可能性もあるかもしれませんので、検討してみると良いです。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

夫婦で協力して住宅ローンの返済を行いましょう

夫婦で協力をする事が、短期間で住宅ローンを完済する為のコツです。
夫婦で働けば収入が多額となるので、容易に住宅ローンの支払いを進める事が可能となっています。
返済期間を短縮する事が利息の負担を抑える為の方法なので、この事を肝に銘じておきましょう。
夫婦で協力をしないと返済期間が長くなってしまいます。
結果として、利息の負担が減る可能性が高いので、この点には留意をする事が大事です。
住宅ローンに関しては、住まいを買う際に欠かせない貸し付けサービスとなっています。
基本的な知識を身につけたいのであれば、セミナーに参加しましょう。
セミナーに関しては無料で開催されている事が多く、気軽に参加する事ができます。
知識を身に付けてから住宅ローンを組めばトラブルを起こす可能性が低くなります。
住居を買う時には、立地条件の事を意識する事が重要です。
コンビニや家電量販店が近くにあれば、買い出しをする際に困らずに済みます。
駅が近くにある事により、通勤をする際に便利です。
ライフスタイルに適した立地条件の物件を選ぶ事により、快適な日常生活を営めます。
住まいは生涯に一度の買い物となる事が多いので、夫婦で相談をして時間をかけて決める必要があります。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

住み替え住宅ローンを使用するケースと心構え

マイホームを購入する時の住宅ローンは返済をしていく事だけ考えれば良いですが、住み替えの場合は違います。
まず今まで住んでいた家を売り新しい家を購入する場合、今までの家の売却額が新しい家の購入額を上回るならローンの心配はないです。
しかしこれは理想のケースで住む事によって家の値打ちは下がるので、売却しても新しい家の購入代が足りない人が多いです。
更に今まで住んでいた家の住宅ローンも残っていた場合、まず住宅ローンの返済をしないと売却すら出来ないです。
こうした住宅ローン残債があって更に新しい家を購入する事を希望している人におすすめなのが、住み替えローンです。
しかしこのローンを借りると言う事は今までの家のローン残債に諸経費、新しい家の購入費を合算する事になるので、借入額は高くなる傾向がある為金融機関はかなりシビアに調査します。
同時に住み替えローンを利用する人も、今後の返済計画をしっかりと立てる必要があります。
住み替える家族形態として一番多いのが子供が独立したと言うケースですが、こうなるとローン支払い者である親の年齢はある程度と予測されます。
なので定年までの年数、住み替えローンを支払った残りで生活可能か等今後の生活をしっかりと考慮する事が大切です。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

住宅ローンの返済に関する事です

社会人の多くが買うのが住まいとなっています。
住居を購入する時には、住宅ローンを利用するのが一般的となります。
住宅ローンを返済する際に、老後資金を活用する方も多いです。
老後資金に関しては多額なので、効率よく借金を減らしていく事ができます。
ただし、老後資金を使い過ぎると将来の生活費が不足するので、この点には注意をしなければならないです。
将来の事も考えて、老後資金を使用する必要があります。
住宅ローンの借り入れ期間は長くなる傾向にあるので、担当者と打ち合わせを行って返済計画を立てましょう。
無茶な返済計画を作成しないようにする事が、金銭面において困らない為のコツとなっています。
責任を持って借金を完済する事が、借金をする側のマナーです。
住宅ローンを組む事ができたら、毎月に渡って返済を進めます。
口座から引き落とされるので、ある程度の現金を入金しておきましょう。
そうすれば、スムーズに支払いを進める事が可能です。
住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたら、引っ越しをして新生活を始めます。
生活費の事が気になる方は、節約に励みましょう。
節約を定期的に行っていれば浪費を抑える事ができて、金欠となる事がないです。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

マンション売却か賃貸か

転勤になったので今のマンションには住めない場合、マンション売却と賃貸のどちらを選べばよいのでしょうか。
すでに住宅ローンの支払いが完了している場合はそれほど問題はありません。
すぐに戻ってくる場合は賃貸にしておいて、当分戻ってこない場合や二度と戻ってこない場合は売却すればよいでしょう。
もちろんずっと賃貸に出しておいても構いません。経済的にゆとりのある人ならば空き家にしておくという選択肢もあります。
これに対して住宅ローンが残っている場合は簡単に売却することはできません。
マンションには抵当権がついています。
この抵当権を抹消しないかぎり通常は売却は不可能です。
抵当権付きの物件を欲しがる人はほとんどいないからです。
そして、抵当権を抹消するためにはローンの残額を銀行に支払う必要があります。
残額を自腹で直ちに支払える場合は問題はありませんが、そうでない場合はマンション売却代金からローンの残額を支払わなければなりません。
しかし、マンションの価値が下落しているとローンの残額に足りないことがあります。
この時、不足分を自分で用意できなければ事実上マンション売却は不可能です。
このような場合はマンションを賃貸に出してローンの支払いの足しにしたほうが賢明でしょう。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。

不動産売買の際にどんな税金が関係してくるの?宅建業者に相談!

マンション売却と一言で言ってもそれには様々な考慮すべき事柄が関係してきます。
まず自分自身がマンションに住んでおり、別のところに引越しするという理由でマンション売却を行うのか?あるいは遺産相続などによりマンションを譲渡されて、維持などができないなどの理由でマンション売却を行うのかで税金の種類も変わってきます。
基本的にマンション売却などの不動産取引をする上で関係してくる税金の種類としては、都道府県に支払う不動産取得税、市町村に支払う固定資産税といった税金が関係してきます。
その他にも贈与された場合には贈与税が関係しますし、相続した場合には相続税が関係してきます。
また所得税や地方交付税、印紙税と言った税に関する知識も必要となってくるため、知らない故の税金の未納に注意しなければなりません。
なおかつマンション売却などの場合は金額が大きくなるため税金の請求額も上がってくる事から、不動産の売却をした場合にはどういった種類の税がどの時期に、どの程度請求されるのかをしっかり把握しておく事が必要不可欠となります。
相続などで突然不動産を入手する事となった場合は特にこうした税に関する点をしっかり理解しておく事が大切です。税に関する知識に不安があるならば宅建業者と呼ばれる不動産屋へ相談してみる事が知恵の道と言えるでしょう。
宅建業者には国家資格の宅地建物取引士が必ず居るので、わからない点を相談するのが得策です。

この投稿は2016年10月31日に公開されました。